読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

失礼しますっ!

加藤シゲアキ君をえっさほいさ応援してみるブログ

数秒間の奇跡〜シゲからのファンサ〜

妄想にまみれたブログを、こんなにたくさんの方に、読んでいただいてるなんて感謝しかありません。
スターもありがとうございます…。
恐縮です…。


そう、そして今回は妄想じゃない話。
シゲのファンサをゲットしたお話でも、させていただこうかしら。
(偉そう)


あれは忘れもしないWhite魂での事…。
まぁ、あれは席も抜群によかった。
細かいことは忘れてますよ、ええ、何せ興奮の坩堝でしたから。あんなに乱れたの何ヶ月いや…何年ぶりってほど乱れ染めにしでしたから。百人一首

トロッコに乗った私の王子がきましたよ。シゲアキ王子が満面の笑顔で。
私前に書きましたが、手作りうちわは持って行った事ありませんので、武器といえばシゲアキの公式うちわのみなんですよ。
しいて言えば、現代の戦場で刀振り回すようなもんですよ。
戊辰戦争で戦った新選組みたいなもんですよ。

旧幕府軍土方歳三)→ぐみ松
大和守源秀国(刀)→公式うちわ

新政府軍→可愛いファン
エンフィールド銃→手作りうちわ

くらい力の差があるわけですよ。
負け戦だって、目に見えているんですよ。
《2015年 ファンサゲットの乱》に参加する前に負けてんですよ。

周りにも、手作りうちわを持ったコがワンサカいました。
手作りうちわも持っていないような、自分みたいなもんが、シゲアキの目に止まるなんて思っても無いですよ。
でもやっぱり近くまで来たシゲアキに、テンション上がる自分が居て、左手で持ったうちわは胸の高さにしたまま(ファンの鑑)左右に振り、右手で手を振りましたよ。叫びはしませんけどね。
そしたらね

シゲアキさん、私のうちわチラッと確認した後、目を見て


「うんっ」

ってしたーー!!
その間わずか0.何秒。

何あの「うんっ」!!
あんな優しい目で「うんっ」って!!
何?!
これ何?
こんな美しい「うん」って、この世にあんの?!
「うんっ」って!!!


まぁ、この文章みていただいたら分かるように、パニックですよね。
「うん」ばっか書きすぎて、うんこみたくなってますよね。
ってくらいパニックですよ。

しばらく放心状態で
「魂もってかれちまっただー、あれは妖魔だー、人の魂を吸い取っちまう、美しい妖(あやかし)だー。」
と娘を人身御供にされた、村人A状態とでも言いましょうか…。

家に帰って家族に言いましたよ。
「シゲアキ君からファンサ貰っただー」
と村人憑依した状態で。

「それライブでよくあるやつじゃん、今目合ったっ!ていう勘違い。みんなそー思ってんだって、わら。」

まぁ、言われますわ。
そんな家族には、まず正座させて今までリリースしたNEWSのライブDVD、夜通し見せますけどね。
嫌がっても、押さえつけて「よく見てみろ!ファンサとはこういう事じゃ!」って怒鳴りますよね。

ジャニーズのライブを知らない輩には言われちまうんですよ。
何か偉そうに書いてますけど、私もNEWSしか知らないんですけどね。

でも、シゲアキガールズの皆様ならわかっていただけますよね。
ファンサってあるんですよ。
貰った貰わないって、ファンだったら絶対わかるもんです。
貰って無いのに、間違っても「今ファンサしてくれた!」なんて恥ずかしくて言えないんですよ、だって自分で絶対わかるものだから。

シゲアキ先生は、ファンサを貰う為だけにコンサートに来るのは悲しいと、以前ラジオでおっしゃってました。
もちろん喜んで欲しいから、近くに行きたいしファンサと呼ばれるものも、してあげたいんですけどって。
(的なニュアンス)

私もそれは大賛成です、コンサートってそういうものじゃ無い。
貰えたらラッキー、貰えなかったら仕方無いさ、くらいの気持ち。
だからこそ、たまたま頂けた時の感動ったら格別なんですよね。

アイドルはやっぱすごいです。
目があっただけで、こんなにも人を幸せな気持ちにしちゃうんだから。
シゲアキ君にしてみたら、何万人の中の一人で、記憶になんて残ってないと思うけど、こっちにしてみたら一生物の大切な宝物になっちゃうんだもん。

ありがたいですね。
NEWSは偉大だ。
シゲアキは神だ。
「私は神だ」って、モンスターエンジンの真似してましたけど、ホントあんた神だよ、とうとう本当に神になったよ。
加藤カミアキに改名しなよ、二回目だけど。



わいわい書きましたが


後にも先にも今んとこ、このたった一回のみですけどね。


まぁ、幸せな事には変わりないか。