読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

失礼しますっ!

加藤シゲアキ君をえっさほいさ応援してみるブログ

テレ東音楽祭 ユースケ・サンタマリアの逆襲

あのさ~

あのさ~

ずっと待ってたわけ

え?誰って?

 

NEWSに決まってるでしょうが!(ツバ飛ばし)

 

4時間NEWSだけを待ってたわけですよ。

ええ、NEWSをですよ。

大好物のにゅすたんをですよ。

わくわくしながら、TVの前で正座しながらですよ。

いい年こいて、TVの前にかぶりつきですよ。

はたからみたら「よっぽど人生に楽しみのないかわいそうな人間なんですね」って思われかねないほどの、かぶりつき具合ですよ。

ええ、なんせ2週間ぶりの休みなもんでね。

なんならTVに歯形ついてましたよ。

 

やっと出てきたんですよ、蛍光逆セーラー衣装で。

懐かしさで涙すらうかびましたよ(ちょっと嘘)

トーク楽しみにしてたんですよ、短いだろうなとは思ってましたよ。

だけどさ…

 

 

なぜあの瞬間サンタマリア出てくる?

にゅすたんの声ほとんど聞いてないのに

サンタマリア?

まさかのサンタマリア?

本気?サンタマリア?

WHY!?アリマタンサ!

OH!SANTAMARIA!

 

私人生で「サンタマリア」連発したの今日が初めてですよ。

いうなれば「サンタマリア連発ヴァージン」ですよ。

ほぼほぼサンタマリアでしたよ。

サンタマリア祭り開催中でしたよ。

 

トーク無いんかい!

もうちょっとしゃべらせんかい!

てか、早送りしながら観たのでNEWSたんトーク飛ばしちゃったのかな?

もしかして私のミステイクかな?2回見る勇気ない!

 

 

そして、メドレー。

メドレー。

めどれー。

 

盛り上がるから仕方ない。

万人が盛り上がれる曲を選ぶのは仕方ない。

コアなNEWSファンばかり見るわけじゃないから仕方ない。

でもさ…もうちょっとさ…選曲をさ…

こういうこと文句言うの嫌いだからあんまし触れない!……。

 

 

世の中は「ますだ初夏の乱」に右往左往してるみたいですね。

 

私は根っからの「シゲアキフリーク」なのでシゲアキで想像してみよう。

 

 

たばいわ!

間違いなく12歳前後だったら初潮むかえるわ!

家帰ったら赤飯たかれるわ!

シゲアキきっかけなんてそんなめでたい事ありますか?

シゲアキの頭ぽんぽんなんて、ナイフで心臓一突きにするのと変わらない威力ありますよ!

シゲアキの頭ポンポンなんて、世の中のおなごみんな「メス」に変える力ありますよ!

(あっ私、もうメスだった)

 

美しいシゲアキがね、一人の女の子の頭をポンポンするんだよ。

その女の子の周りにはね、どこからともなく天使が舞い降りて「きゃはは、きゃはは」って言いながら、くるくる回り飛ぶんですよ。

でね、天使って実は残酷だから、

「あなた、シゲアキに頭ポンポンしてもらったという事は、それに見合う代償を支払わなければならないんだよ」って言ってくるわけですよ。

その女の子は天使に聞くんですよ。

「代償って…なんですか…?」って。

そしたら天使、いきなり悪魔の顔になって

「それは命だよ!」

 

ってな事になりかねないんですよ!

それくらいの事なんですよ、シゲアキの頭ポンポンという行為は。

代償がともなうんですよ!

 

それを聞いてしまったシゲアキは、責任を感じてしまって「アイドルの存在ってなんだろう」って葛藤してしまうわけです。

 

そこで私は言ってあげるんですよ、テレ東の番協は当たってませんけどね、何かしらの力が働いて、テレ東に行くわけですよ。

「シゲ、あなたは悪くない。シゲはみんなのシゲだけど、あの子にとってはみんなのシゲじゃなくて、自分だけのシゲっていう感覚なんだもん。命はなくなっちゃうかもしれないけど、確実にファンを一人幸せにできた。…一人だけに頭ポンポンするのは、すごくリスクが伴うことかもしれない、でもねあの時あなたがそうしたいって思ったのなら、それは間違いじゃないよ!」って。

すごく中身があるようで、実はスッカスカの内容しか言ってないんですけどね。

そしたらシゲアキ私に「ありがとう」って、頭ポンポンするんですよ。

まぁ、その時点で私の命もなくなるんですけどね。

まぁ、痛い事つらつら書きましたが。

 

もしシゲアキがほんとに、一人のファンの子の頭をポンポンしたとしても、私は変態なので、ただ単純に萌えますけどね、確実に嫉妬に狂う感じがたまらんですがね。

あー!シゲアキポンポンしてる、むきー!!この感じたまらん(*´Д`)じゅんじゅわ~ですけどね。

みんなで応援して幸せ分かちあいましょう?

あの子がラッキーだっただけ、その幸せ私たちも分けあいましょ?

おやすみなさい。