読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

失礼しますっ!

加藤シゲアキ君をえっさほいさ応援してみるブログ

シゲアキ…そりゃダメだって!!

シゲアキヴァンパイアカムバックナイト。

このままじゃ

終われない。

このままじや

終われない。

 

 

 

満月が照らす、か細い首筋のトクトクと波打つ動脈が、やけに艶かしい。

その動脈の鼓動を楽しむかの様に、当たるか当たらないかの所で、上下に指をすべらせる。

常人のそれではない指先の、氷のような体温を感じた瞬間、少女は諦めにも似た感情が込み上げていた。

 

人は時として、美しすぎる『何か』に出会った時にも、恐怖を感じるのかもしれない。

恐怖…畏怖?

 

だけどこんなに恐ろしいのに、惹かれてしまうのは何故だろう。

この冷たい指先を、払いのけたいはずなのに、感情とは裏腹に、あの口元からのぞく真白な切先へ、今すぐ差し出してしまいたくなるのは、あまりにも彼が美しいから。

漆黒の黒髪からのぞく大きな瞳は宝石だろうか、その瞳に射抜かれた者は拒否権を失う。

 

「この俺に見初められてしまったお前はもう…このままじゃ終われない。」

言ってニヤリと笑う。

やはり口元からは大きな犬歯が覗いている。

瞬間、少女は男の手に身を委ねていた。

強くなる男の腕の力は、不思議と優しさを帯びる。

 

男の吐息が耳元をかすめる、ジャスミンの様に甘い香りは、少女の思考を止める 媚薬。

 

男は愛しげに唇をあてる。

少女の首筋に牙が吸い込まれた。

痙攣する躰。

強くなる腕の力。

愉悦にも似た痛みが全身を駆け抜ける。

 

「もうどうなってもいい…」

 

少女はすでに、身も心も魅了されていた。

美しい悪魔…いやヴァンパイアシゲアキに。

 

 

 

ってくらいヤラシイよ!シゲアキ!

(前置き長!)

 

もう最高すぎてニヤニヤが止まらなかったよ!

街中では陽気に、コスプレして舞い踊っている一般市民が山の様にいるだろうに、仕事して家にまっすぐ帰って、シゲアキ見てニヤニヤしてるとんだサイコ野郎ここに在りですよ。

ある意味コスプレしてる人よりサイコですよ。

 

そしてNEWSサイコゥですよ。(ダジャレ)

 

NEWS+コスプレ=歓喜

っていう方程式あるじゃないですか。

この方程式さえあれば、世の中の全ての難問解けちゃうじゃないですか。

なんなら、お受験の問題にもするべきじゃないですか。

 

試験官

「〜ちゃんこの方程式わかるかな?」

〜ちゃん

「はい、わかりましゅ。にゅうす、たす、こすちゅうむぷれい、は、かんき、でしゅ。」

試験官

「お見事。」

母親

「天才ね!〜ちゃん!さすが私の娘!」

〜ちゃん

「当然でしゅ。」

みたいな事になりかねない、じゃないですか。

 

 

慶ちゃん、悪めのポリス。

手越君、海賊。

まっすー、肉が大好きな王様。

我らがシゲアキ、

ヴァンパイア。

 

ごちでーす。

シゲアキ、ごちでーす。

ハロウィン、シゲアキに奢ってもらったわ。

『ヴァンパイアコス』という名のご馳走奢ってもらったわ。

 

やめて、アイライン。

そんなんしなくても目力半端ないのに、あんな事されたらおしっこもらすわ!

最近クシャミしただけで漏れ気味なのに、目力だけで漏らしちゃうわ!

シゲアキの確信犯め!

ファンがいてもたっても居られなくなるのわかってて、やりやがったな!

番組終了後ツイッター覗いてんな!

 

 

ばかやろう!やっぱり、シゲ最高。