読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

失礼しますっ!

加藤シゲアキ君をえっさほいさ応援してみるブログ

朗読-恋を知らない君へ-の必要性を語る

まぁ、私自他共に認める『朗読フリーク』じゃないですか。

『寝る前の朗読推奨会、会長』じゃないですか。

なんなら、朗読アプリダウンロード(イケメン執事のやつ)してるくらい『朗読』すきじゃないですか?

 

そして、その執事の体をタップすると話しかけてくれるわけなんですけど、まぁいけないところタップしがちですよね。

ダメだって自制心働くんですけど、いけないところタップしがちですよね。

叱られちゃったりするのが、たまらなくて、いけないところタップしがちですよね。

 

その執事が朗読してくれてる話は、夏目漱石とかなんですけどね。

まぁまぁ、「このど変態が!」なんて罵しらないでくださいまし。

 

 

だから今回のこの企画、個人的に

 

ドストライク

 

だったわけなんですけど。

朗読の特典付くって聞いた時、実際小躍りしましたからね。

 

なんなら、いきなりにゅすたんの朗読聴くのは、絶対に心臓に負担がかかる筈なので、自分で朗読して録音したもの聴いて、身体慣らししようとしたんですけど、そういえば別に自分の声聴きたくないわ、と思いとどまりましたけどね。

 

ってか、

まだ聞いていない人!

勿体無いよ!

絶対聞いた方が身の為だよ!

耳穴に直接イケメンの声が響き渡るよ!

絶対絶対聞いた方がいいよ!

心の洗濯できるよ!

 

 

 

朗読って、どうしようもなく贅沢じゃないですか。

普段本を読んだって、ある程度大人になったら音読しないし。

いつもは自分の脳内に自分の声で、文章が浮かぶわけなんですが、『朗読』ってやつは、人様の声で、人様のニュアンスで頭の中に響くわけですよ。

目が疲れていて、本を読むにはちょっと辛いけど、どうしても活字に触れたい時って、本好きならわかってもらえると思うんですがあると思うんです。

そこで『朗読』ってものが活躍してくれるんですわ。

(朗読アプリダウンロードしたのだって、変なところタップするだけの為じゃないんだぞ)

 

耳障りのいい声優さんの声で、優しく真夜中の自分を包み込んでくれる至福の時…。

ある意味エクスタシィですわ。

聞いてるのは夏目漱石ですけどね。

 

ダメよ、ぼっちゃーーんっ!ってなもんですわ。

 

 

それがね

 

NEWS4人の声だなんて聖なる力しかないんだわ!

 

麗しの4人が、あの私達の宝石的存在の4人が、真夜中に、耳元で、切ない恋の物語を、美しい声で読みあげてくださる。

 

こんな贅沢ありますでしょうか?神様。

あの4人の声に包まれた時、私の中で『朗読』が『ありがたい説法』に変わりました。

 

もうね

 

どうしようもないくらい恋知っちゃってるよ?

 

知らされすぎちゃってるよ?

 

あの『朗読』を聴いて、胸が痛くなるのが何よりの証拠なんですよ。

 

 

今回の企画ありがとうございます。

全く同じCD2枚ともう1枚CDあるけど、ありがとうございます。

1枚の封を切ることは永遠に無いと思いますけど、ありがとうございます。

 

でも、それだけの価値はあると思いますよ。(でた!NEWSの家畜)

 

あー、なんかの力が働いて形として残せないかなー!?

勿体無いですよ、もうすぐ聞けなくなっちゃうなんて…。

まだ聞いていない人がいるかもなので、あれなんですが。

わたし的にはまっすーの声が一番素敵だと思いました。

(ここシゲアキじゃなかったの!悲しい!シゲもよかったんだけどね)

4人がそれぞれ詩を全部朗読するバージョンなんかもあったら、優しい声の筈なのに、逆に興奮して眠れなくなるな、確実に。

 

NEWS4人の朗読アプリあったら、5.000円でもダウンロードするのに。

そして本人の画像とかだったら、変なとこタップ…できねーわ!さすがに!

 

 

わーわー言いましたが、絶対聞いた方がいいですよ!まだの方!

何回も聴いて、心のCDに焼き付けないと!