読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

失礼しますっ!

加藤シゲアキ君をえっさほいさ応援してみるブログ

シゲアキ好きに読んでほしいGLAYのHISASHIという男

GLAY HISASHI 加藤シゲアキ
HISASHI兄さん、今年も「超会議」に降臨してくださいましたね。

といいながら私は、「ニコ動」とかには全く精通しておらず、美少女アニメやアイドル系のゲームの類には一切興味はないのですが。


何をかくそう、HISASHI兄さんとは


GLAYのHISASHI


の事です。

何をぐみ松、シゲアキ関係ないじゃん。

という方には、今すぐこのブログから速やかに、消えていいただく事になると思うんですけど。


当時からHISASHI兄さんは尖っていました。
ネットがここまでメジャーになる前に、誰よりも早くGLAYの活動とは関係無く個人のHPを持っていたり、ブログという名前すら、まだ付いていない時代に、ブログをすでにやっていました。

サブカルに対する先見の目がハンパなく、彼が個人的に発信してくれるものは目新しい物ばかりで、当時の自分の世界が、いかに狭いものであったのかと気づかせてくれる、目からウロコの毎日でした。
当時の私のバイブル

HISASHI ありがとう

HISASHI ありがとう

私のバイブル中古1円とか馬鹿にしてんのか!


そう、昔から彼は

超がつくオタク

でした。

私は彼が発信しているHPというもの(当時はパソコンがそこまで普及していなかったので、ホームページなんて選ばれし者しか、見る事が出来ないものという印象)を見たいがために、当時の年齢では考えられない程高かったパソコンを「お前はばかか?」と言われながら、無理やり購入してもらい、もちろんマックなんですが。
Windowsなんて恥ずかしいくらいの感覚ですからね、当時のGLAYファンは。
メンバーの愛機がマックだったんで、マックじゃなきゃパソコンじゃないくらいの感覚ですからね。
その後、HISASHI兄さんしれっとWindows機もってましたけどね。
やられた!って思いましたけどね。

そして憧れの兄さん(HISASHI)のHPを見る事に成功しました。

やっぱりすごいんですわ、兄さんは。
私は兄さんの感性に近づきたくて、語尾にDeathをつけたり、彼の好きなもの、発信する情報を我が物にするのに必死の毎日でした。
(コアなファンにはDeathの意味がわかるはず…)

そんな私がGLAYのファンページを作るのは必然だったと思います。
ありがたい事に見てくださる方も増えて、ライブレポあげたり情報を共有したりと、楽しい毎日を過ごさせていただきました。

そんな私のHP




兄さんのHPにリンクされましたから


その時兄さんにつけてもらったHPの名前「鮎好き」ですから

兄さんの気まぐれで、リンクしてほしいページを募っていて、私が応募したってのが真相ですが、実際、本人の目に触れて本人がリンク貼ってくれるなんて、ファンからしたら垂涎物じゃないですか。
公認ゲットしたみたいなもんです。

ファンは心のどこかで、本人の目に触れる可能性を期待していると思うんです。
そういうファン心理もわかってくれていた、遊び心のある、やさしくてかっこいい人なんです。

いや、彼の存在が

遊び心

でしかないということなんです。

ところでなんで《鮎好き》かといいますと、当時兄さんの飼っていた猫ちゃんが《鮎》って名前だったんです。
その子の事、たまたま書いた時に見たんだと思います。


そして、私には兄さんとシゲアキさんがどうしてもリンクしてしまいます。
リンクしてもらっただけに。
(しれっと)




サブカル好きであったり、新しい事に挑戦したり。
本業とは違う部分のクリエイティブさだったり、キラリと光る感性にどうしても惹かれてしまいます。
実際は似て非なるものなのですが、ってかファッションとか正反対なんですが、根っこの部分に近いものがあるというか…ホントお二人とも奥が深い。

残念ながら、今はシゲアキさんのいるNEWSが私の応援する場所になっていますが、永遠の心の師匠はHISASHI兄さんなんだなー。

シゲアキファンは考察好きだったり、サブカル好きな方が多いので、HISASHI兄さんの良さわかってもらえたら嬉しいなと思います。


まぁ、これで私のだいたいの年代バレますけどね。